シミ・そばかす・肝斑

しみの原因の多くは、紫外線によるものですが、それ以外に皮膚の新陳代謝の衰え、ホルモンバランスの変化、そしてニキビなどの皮膚疾患や外傷も原因となります。

生まれたときからあるあざや、成長とともにでてきたあざやそばかす、そして紫外線・老化・ホルモンバランスの変化ででる老人性色素斑や肝斑などと、しみと言っても実はいろいろで、その原因、またはメラニン色素が皮膚のどこにあるかで治療法が変わってきます。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

紫外線による皮膚老化が原因とされています。日光によくあたる顔や手の甲、腕などにできることが多いです。大きさは様々で、境界がはっきりしていて円形状のものが多いです。

治療方法

SOLARI(ソラリ)
QスイッチYAGレーザー
外用薬

そばかす

雀卵斑とも言われ、学童期に遺伝的にできることが多く、鼻を中心に左右対称に散在する小さい淡褐色の色素斑のことをいいます。紫外線の影響で濃くなる場合もあり、再発しやすいことが特徴です。

治療方法

SOLARI(ソラリ)
QスイッチYAGレーザー

肝斑

30~40歳代の女性にできることが多く、両頬骨の高い位置や目尻の下あたり、額、口周りなどにほぼ左右対称にできることが多いです。

妊娠や経口避妊薬の内服、婦人科疾患など女性ホルモンとの関連が指摘されています。また紫外線、日常のスキンケアやマッサージなどによる摩擦といった物理的な刺激による炎症でも悪化します。

これらは、シミのもととなるメラニンを作るメラノサイトという細胞を活性する「プラスミン」が影響していると考えられています。

治療方法

内服薬
外用薬
QスイッチYAGレーザーによるレーザートーニング
ケミカルピーリング+イオン導入

炎症後色素沈着

にきび、外傷、やけど、湿疹などの炎症が治ったあとの赤みが茶色っぽく変化して残ってしまった状態のことです。

治療方法

内服薬
外用薬
QスイッチYAGレーザーによるレーザートーニング
ケミカルピーリング+イオン導入

後天性真皮メラノサイトーシス(両側性遅発性太田母斑様色素斑)

成人になってから両側の頬骨の高いところを中心に出現する小さな茶色、または灰色から濃紫色素調のあざです。他のしみと見間違えられやすく、実際ほかのしみと混在していることも多いです。

治療方法

QスイッチYAGレーザー

保険診療でできるシミ治療

保険診療で行えるシミ治療は、対象が限られています。
例えば、ニキビ、外傷、熱傷の部位に色素沈着が生じたものに関しては、内服薬が保険適応となります。

現時点においては、保険適応となっているシミ治療の外用薬はありませんが、「どのような状態」で、「どのような治療方法が適しているのか」を知ることが治療のスタートとなりますので、先ずは診察を受けられることをお勧めいたします。

自費による「シミ治療」もご参照ください。