QスイッチYAGレーザー

QスイッチYAGレーザーとは

QスイッチYAGレーザー

わずか5ナノ秒でレーザーを照射できるQスイッチYAGレーザーの最新機器「SPECTRA」を導入。主にシミの治療などに活躍する優れものです。

2つの波長を使い分け、シミ・そばかす・あざ (太田母斑・扁平母斑)・入れ墨まで幅広い治療が可能です。フラットパルステクノロジーの導入により、均一なエネルギーの照射が可能になり、肝斑治療の レーザートーニングにも最適なQスイッチYAGレーザーです。

QスイッチYAGレーザーは532nmと1064nmの二つの波長のレーザーを使って治療します。色やシミが浅い層には532nmの波長を、深部にまで到達しているものには、1064nmの波長を使用します。

レーザー照射時の痛みは輪ゴムではじいた程度で、基本的には麻酔の必要などもありません。痛みに敏感な方には部分麻酔も行っておりますので、ご相談ください。

また、肝斑の最新治療として注目を集めている、レーザートーニングも行うことが可能です。

通常は肝斑を悪化させる可能性があるため、レーザー治療は禁忌とされてきましたが、QスイッチYAGレーザーは、皮膚へのダメージを最小限に抑え、かつ選択的にメラニンにのみ熱を与えることが可能なため、肝斑治療に使用できます。

治療時間 数分~15分程度
治療直後の状態 治療箇所の色調が変化し、数日後に若干のかさぶた様の薄皮が出来る。
肝斑の治療はわずかな赤みのみ
回復期間 5~7日。肝斑の治療はダウンタイムなし 。
治療費 シミ・あざ(1cm×1cm) ¥15,000(税抜)
肝斑レーザートーニング ¥20,000/1回
補足 シミ・あざの施術後は、治療部位に3~7日間保護剤(創傷被覆剤:1,000円(税抜き)・軟膏:700円(税抜き)~)などを使用していただきます。
症例
1)老人性色素斑
治療前 治療後(上方のみ治療)
症例
2)肝斑
治療前 治療後(7回施術)