いぼ

ひとくちにいぼといっても、様々なものがあります。

顔のいぼは尋常性疣贅のほか、青年性扁平疣贅や老人性疣贅(脂漏性角化症)がよくみられます。前二者はウイルス性、後者は紫外線の影響や皮膚の老化によるものです。

他には、眼の周りにみられることが多い肌色の汗管腫、白色調の稗粒腫、頬や額にみられる脂腺増殖症なども、正確にはいぼではありませんが、いぼのようなものができたと、受診される方が多いです。

首・体のいぼとなると、軟性線維腫(アクロコルドン:小さくて少し盛り上がった淡褐色のタイプ、スキンタッグ:アクロコルドンより大きく表皮から盛り上がったタイプ、軟性線維腫:5mmを超えるもの)や脂漏性角化症が多いです。

皮膚の老化現象のひとつですが、紫外線や摩擦そして遺伝との関係もあるようです。

当院では主にCO2レーザーを用いて治療します。

CO2レーザー

症例
脂漏性角化症
治療前 治療後
症例
スキンタッグ
治療前 治療後
症例
首いぼ
治療前 治療後
治療時間 約5分
回復期間 3~7日間(大きさ、部位により異なります・個人差あり)
治療費 直径2mm未満 \5,500(税込)
直径2-4mm未満 \11,000(税込)
直径4mm以上 \16,500(税込)
補足 施術後、外用薬(\770~)または創傷被覆剤(\1,100)を貼付します。

手術

« 皮膚外科参照 »