巻き爪・陥入爪

深爪により爪の端が皮膚にくい込んで赤く腫れてしまう『陥入爪』,爪の側端がまるまってしまう『巻き爪』,これらを根本的に治療するためには手術治療が一般的でした。

最近になり,ワイヤーでこれらの『陥入爪』,『巻き爪』を治療する画期的な方法が一般的になりつつあります。

VHO式矯正術

VHOの施術は、特許を取得している専用のワイヤーを爪の両端に引っ掛ける構造で,爪や皮膚に損傷を与えません。

(VHOを施術するにはライセンスが必要となります)爪が短く、マチワイヤーによる治療ができない方でも適応となります。

“VHO”とは、Virtuose Human Orthonyxie の頭文字をとって名づけられた治療法で、「熟練の技による人間的な巻き爪矯正法」というような意味です。

治療方法

1.専用のワイヤーを爪の形に合うように調節します。
2.爪の両側端にフック状のワイヤーを引っ掛けます。(痛みはほとんどありません!)
3.両端に掛けたワイヤーにループ状のワイヤーを掛けて固定します。
4.余分なワイヤーをカットし、人工爪でワイヤーの固定部分をカバーします。麻酔は必要ありません。

治療費の目安(保険外診療になります)

1カ所¥12,000(税抜)(ワイヤー代込み)

マチワイヤーによる巻き爪治療の説明動画

治療間隔

3~4カ月に1回程度(症状により異なります)

症例

初診時 1.5カ月後 3カ月後 5カ月後

マチワイヤー法

形状記憶合金のワイヤーを使用する方法。来院は問題がなければ1~2ヶ月後,ワイヤーの入れ替えのときだけです。

治療方法

  1. 注射針を用いて爪に2つの穴をあける。
  2. ワイヤーを逆Uの字に通す。
  3. ワイヤーを引っ張って切る。
  4. 麻酔は必要ありません。

治療費の目安(保険外診療になります)

マチワイヤー代 1本¥4,000(税抜)(1本で約3カ所分)
ワイヤー処置代 1カ所¥6,000(税抜)

治療間隔

1~2カ月に1回程度(症状により異なります)